Day14: ウラン=ウデ

[チタ→ウラン=ウデ]
ブリヤート共和国‎。 モンゴル系ブリヤート人が多く住み、
独自の自治を行う。
ウランウデはその首都で、ロシア国内でも異色の街。 中心部の広場にはレーニンの巨大な頭が鎮座。
ソビエト時代の宗教弾圧にも屈せず チベット仏教が信仰されてきたせいか、 どことなく今まで見てきたロシアと異なり 街や建物が整然としていて小気味良い。
道行く人たちもアジア系‎が目立ち スラブ系との割合は半々くらい。
モンゴル系とロシア系が互いに距離をおき、 残念ながら共存しているようには見えなかった。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です